So-net無料ブログ作成

早くもディーラー試乗スタート! ”新型クラウン”に試乗しました [車]

DSC00406.jpg
早くもディーラー試乗が始まった「新型クラウン」、その走りを試してきました。

新型クラウンが登場して最初の週末、ディーラーは早くも「新型クラウン」の試乗車が登場!。以前のトヨタだと試乗車が出るのは発売から2週間程度経ってからと言う感じだったのですが、最近はすぐ試乗車がディーラーに並びます。やっぱりお客様に早く試乗してもらいバンバン売りたいんでしょうね(^_^)。

という事で、いつもお世話になっている神奈川トヨタ港南店に行って本日試乗させてもらいました。

試乗車は「HYBRID RS」。
DSC00391.jpg
カラーは「プレシャスブラックパール」で、税込み54,000円の有料カラーです。

ドアを開けて運転席に乗り込みます。
DSC00386.jpg
やっぱり「プリウスPHV」より高級感あるなぁ。

ステアリングはこんな感じ。
DSC00376.jpg
当然革巻きです(^_^)。

メーターパネル。トヨタ曰く「先進的な雰囲気を醸す文字が浮いて見えるオプティトロンメーター」。
DSC00377.jpg
なのですが、自分としてはあまり先進的なイメージに見えず・・・。
先進性を売りにしてきたクラウンだからこそ、フル液晶メーターにした方が良かった気がします。

シフトレバー廻り。
DSC00378.jpg
しまった、昇降式フロントカップホルダーを試すの忘れてた(+_+)。

センターのディスプレイ。
DSC00379.jpg
今までだとこれ1つだったのですが、「新型クラウン」はダブルディスプレイになりました。
DSC00380.jpg

では試乗スタート。
ハイブリッド車なのでスタートはモーターなのですが・・・あれっ、なんだか変な音が聞こえる??。モーター走行なのでインバーター音かと思いきや、それともちょっと違う感じ(と言うかインバーター音はほとんど聞こえません)。
どうもこれ、車速が25km/h超えると消えていたので「車両接近通報装置」の音みたいなのですが、「プリウスPHV」などが発する音とは異なる様です。
プリウスPHV」の場合、窓を閉めてると「車両接近通報装置」の音はほぼ聞こえないのですが、なぜか「新型クラウン」のそれは車内に入って来てる?。しかも取説見てもそれを切る事は出来ないみたい??。
せっかく静かな車なのですから、外には聞こえても車内は聞こえない様にして欲しいものです。

店舗の駐車場を出て一般道へ。神奈川トヨタ港南店の試乗コースはまず最初にキツイ坂道を上るのですが、最新HVユニットだけに加速がイイですね。ただ、エンジン始動すると4気筒の音が・・・エンジン音は静かなのでそれほど気にならないと思いますが、やっぱり6気筒の音が良かったなぁなんて思ってしまいます。

この試乗コースの段差が多い坂道の乗り心地チェックですが、グレードがRSだけに足回りは引き締まった印象。段差を乗り越えると揺れますが、ボディがしっかりしているので乗り心地は悪くない。

装着していたのはの225/45R18のブリヂストンREGNO。
DSC00402.jpg
DSC00401.jpg
これだけ薄いタイヤを履いてるのに乗り心地は悪くない。時代は変わりましたね。

今回はいつものリアシートチェッカー不在のため、リアシートの乗り心地は不明・・・。
DSC00387.jpg
試乗後シートに座ってみましたが、適度に包まれていてイイ感じでした。

次はACC(アダプティブクルーズコントロール)チェックです。
そのスイッチですが「新型クラウン」からとうとう「しゃもじ」が消えました!。
DSC00381.jpg
これが伝統の「しゃもじ」。
DSC05654.jpg
他のメーカーがステアリングスイッチを使っている中、トヨタ伝統の「しゃもじ」を使い続けていましたが、「新型クラウン」から消えたという事は、さすがのトヨタも「じゃもじ」と決別するつもりなのでしょう。これも時代ですかね?。

おっとACCでした。セットして走り出すとスムーズに設定まで加減速します。さらに「新型クラウン」にはステアリングアシスト機能も付いてますが、一般道で走っていてもきついコーナーを除いてしっかり車線キープしてくれてました(メーカーは一般道での使用は勧めていませんが)。
あと良かったのが信号停止で前に車が居なくてもACC再セット可能な事。再セットすることで自動的にブレーキがかかるので、ブレーキから足を外すことができます。これ「プリウスPHV」には出来ないんですよね・・・ウラヤマシイ。

ステアリング左側にはマルチインフォメーションディスプレイの切り替えが。
DSC00382.jpg

このスイッチ「プリウスPHV」は右側に付いてるんです。これからのトヨタ車は左側が標準になるのかも。

RSにはパドルスイッチも付いてます。
DSC00384.jpg
DSC00383.jpg
なのですが、試乗中ほぼ使わず終了・・・ちゃんと試せばよかった。

と言う事で試乗終了。
トランクはこんな感じで開きます。
DSC00392.jpg
ヒンジが内部に入らない構造で荷室スペースを稼いでいます。

トランクスペースは十分あり。
DSC00393.jpg
ゴルフバッグが4つ入らないとクランじゃない!?。

新型クラウン」にもエアロスタビライジングフィンが付いてます。
DSC00407.jpg

新型クラウン」最大の特徴はこのリアスタイルでしょうね。
DSC00408.jpg
まさかクラウンの太いCピラーが無くなるなんて思いませんでした。過去のクラウンにはCピラーにエンブレムが付いていましたが「新型クラウン」にはありません。

ただしオプションパーツにエンブレムがありました(^^;)。
carlineup_crown_customize_original1_04_01.jpg
税込3780円、エンブレムが欲しい方はどうぞ!。

神奈川トヨタ港南店には、試乗車以外に3.5LHVのHYBRID G-Executiveを展示中。
DSC00397.jpg
しかしお値段773万円!?。マジェスタ後継モデルになるので高いのでしょうが・・・。

シートは高級革シート。これまた座り心地抜群でした。
DSC00396.jpg

という事で「新型クラウン」に試乗しましたが、グレードがRSという事もあるとはいえ、かなり走り重視な仕上げをしてる感じです。でも乗り心地は決して悪くはないし、しっかり静粛性は保たれてます。

出来ればこの静けさのままずっと走って欲しい・・・となるとPHVという選択肢はないのでしょうか?。欧州プレミアムブランドはEU規制の影響もあるとはいえ上位モデルにPHVがありますので、次は是非クラウンにもPHVを作って欲しいですね!。
DSC00410.jpg

「あたちは顔が重たいのよ」
DSC00372.jpg
試乗シリーズにかりんちゃん登場!でした(^_^)。


◎【ベストカー】新型クラウン試乗!! 追い詰められた王者の反撃が始まる!!


nice!(40)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

nice! 40

コメント 6

らしゅえいむ

詳細なリポートありがとうございました。
車体の大きさからいって、
今のPHVからの乗り換えはありえませんが、
とても参考になりました。

by らしゅえいむ (2018-07-01 00:44) 

しのぴん

らしゅえいむさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
今回試乗したRSは走り重視なので、GRではないプリウスPHVと比べると乗り心地は硬めです(逆にGRと近い感じ)。
新型クラウンにはRSではない標準モデルもあるので、今度はそちらに試乗してみたいですね!。
by しのぴん (2018-07-01 05:08) 

mate37

トランクはパンタグラフ式なんですね(^O^)
調べるとS18くらいから搭載されるようになったんですね。やはり、トランク内部にレールが入らないようにするのはいいですね(^O^)/
ちなみに156もパンタグラフ式です。
by mate37 (2018-07-01 09:21) 

しのぴん

mate37さん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
パンタグラフ式のヒンジですが、自分が印象に残っているのが初代プリメーラですね。トランク開けて「このクラスにこのヒンジ付けるのか!」って驚いたのと同時に、さすがプリメーラパッケージと感心したものです(^_^)。
by しのぴん (2018-07-01 16:36) 

Cage

なんだか6ライトってアウディみたいだなぁと思いました。スポーティさを強調したかったのでしょうね~
by Cage (2018-07-08 21:28) 

しのぴん

Cageさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
海外ブランドはCピラーの太いセダンと6ライトのクーペルックを共に出してたりしますが、クラウンは6ライトボディのみ。
コストの関係でしょうけど、2つのボディを作り分ける事は出来なかったんですかね?。

by しのぴん (2018-07-08 21:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。