SSブログ

2022年WRC 第6戦 ラリー・ケニア ロバンペラ勝利 トヨタが4位まで独占! [WRC]

WRC_2022_Rd.6_RallyKenya.jpg
2日目トップに立ったロバンペラがそのまま独走勝利。そして勝田選手が3位表彰台ゲットしました!!。

2022年WRC 第6戦 ラリー・ケニアは、現時時間6月23日から6月26日に開催され、優勝はトヨタのロバンペラでした。

ラリー・ケニアと言うよりは「サファリラリー」と言う方が日本人になじみが深い、かつて日本車が席巻したラリーです。日本ラウンドと同様に2020年WRC復帰のハズでしたが、コロナの影響で2021年WRCに復帰しました。

今回の話題の中心は、モナコで優勝を争った2人のセブが三度戦う事でした。
セバスチャンローブは、SS3で総合3番手と速さを見せていましたが、SS4でエンジントラブルからデイリタイヤ。
210622_Loeb-Kenya-2022.jpg

セバスチャンオジェは、2日目総合1位と絶好調!。でしたがパンクで首位陥落・・・。
230622_AT-Seb-Ogier-Kenya-2022_01.jpg

2人ともモナコの再来とはなりませんでした。

そんな中トップに立ったのがトヨタのロバンペラ。その後は安定した速さを見せ勝利しました。
220622_Kalle-Rovanpera-Kenya-2022.jpg
もはやトヨタのエースとなった感じです。

2位はトヨタのエバンス。
230622_-World-ElfynEvans-Kenya-2022_001.jpg
ホントならトヨタのエースはエバンスだったのに、今季は低迷・・・。2位になって一安心?。

3位はトヨタの勝田選手!。
230622_RBMH-TakamotoKatsuta-Kenya-2022_001.jpg
去年2位だった勝田選手は、2日目に2位!。しかし3日目にパンクで遅れエバンスに2位を奪われてしまいましたが、その後は3位を守ったまま走り切りました。
去年2位がフロックではない事を今年の走りで証明した勝田選手。来年は優勝しちゃいましょう!!。

そして4位はオジェ。トヨタが出走した4台すべて生き残り、さらに4位まで独占と、圧倒的な勝利となりました。

ケニアの上位8位までは以下の通り。
260622_WRCTV-Overalls-Kenya-2022_001.jpg

ドライバーズランキング。
260622_WRCTV-Drivers-Kenya-2022_001.jpg

マニュファクチャラーズランキング。
260622_WRCTV-Manufacturers-Kenya-2022_001.jpg

勝田選手はランキング4位に浮上!。ガチでトップドライバー達とポイント争いしてますね(^_^)。

ポイントランキング | 2022年 | WRC | TOYOTA GAZOO Racing
ドライバーズランキング推移。
rd06_drivers_ranking.jpg
マニュファクチャラーズランキング推移。
rd06_manufacturers_ranking.jpg

次戦は第7戦 ラリー・エストニアで、現時時間7月14日~17日に開催されます。
昨年2020年にWRC初開催となったエストニアはタナックの故郷であり、記念すべき初WRCのウイナーは故郷に錦を飾ったタナックでしたが、去年は今は飛ぶ鳥を落とす勢いのロバンペラが初優勝しました。
優勝最右はタナックでしょうが、今年のロバンペラは強力なので、この2人の優勝争いになるかも?。


WRC Rally Highlights : Safari Rally Kenya 2022 - Sunday Morning Action


nice!(38)  コメント(5) 
共通テーマ:自動車

nice! 38

コメント 5

たくや

昨年より速さも出2年連続の表彰台は素晴らしいです
今シーズンどこかでてっぺんに立ってほしいな~
by たくや (2022-06-27 08:57) 

しのぴん

たくやさん、コメントありがとうございます。
勝田選手は着実に進化していますね。
表彰台の頂点も夢じゃなくなったと思います(^_^)。
by しのぴん (2022-06-27 23:13) 

シノピー

しのぴんさん、こんばんは。
コメント投稿いたします。
WRCの記事ネタへのコメント投稿は久々になります。
トヨタ、順調にいっていますね。
ますます頑張ってほしいものです。
ところで、記事とは無関係なんですが、GRカローラが発表されたことはご存知でしょうか?
by シノピー (2022-07-06 21:23) 

しのぴん

シノピーさん、コメントありがとうございます。
トヨタの対抗馬となるヒョンデの開発が遅れていた事もあり、トヨタの勝ちが先行しています。
GRカローラ。国内でも販売する様ですね。スポーツモデルが消滅していたカローラですが、再開第一弾がとんでもないお化け車なのは、豊田章男社長の肝入りだからなですかね?。
by しのぴん (2022-07-07 21:57) 

シノピー

しのぴんさん、こんばんは。
コメント返信のほうをありがとうございました。
なるほど、そうだったんですね。
でも、ヒュンダイから社名変更したヒョンデなんですが、社名変更だけあって若干違和感はありましたが、韓国らしい名前です。

そして、GRカローラの日本国内デビューは9月頃を予定されているようですが、カローラにしては久々のホットハッチ/高性能タイプグレード機種でありながら、豊田章男社長による期間限定のタイプグレード機種もかなり高性能的でカッコイイです。

by シノピー (2022-07-09 16:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。