So-net無料ブログ作成

2019年F1イタリアGP決勝 ルクレールがポール・トゥ・ウィン! [F1]

53623.jpg
1回勝てば勝ち方がわかるの典型か?。ルクレールがポール・トゥ・ウィンでスパから2連勝!。

日本時間で22時からスタートとなったヨーロッパラウンド、ゴールも遅くなって困っちゃいます。
結果1位はルクレール。
53589.jpg
2位はボッタス。3位は終盤タイヤが終わったハミルトンでした。
予選4位だったベッテルは6周目スピンし戻る際にストロールにぶつかりペナルティ・・・結果、最速マシンに乗っていながら13位と入賞すら逃してしまいました。こりゃイタリアの新聞は酷評間違いなし。ベッテルはますますフェラーリに居づらくなりそうです。
ちなみにここは捨てレースだったレッドブル・ホンダは6位アルボン、8位フェルスタッペンでした。

と言う事で、次戦は9月22日に決勝が行われるシンガポールです。

◎イタリアGP決勝履歴
2018年 F1 イタリアGP決勝 2018年 F1 イタリアGP決勝
1位:ハミルトン 2位:ライコネン 3位:ボッタス
2017年 F1 イタリアGP決勝 2017年 F1 イタリアGP決勝
1位:ハミルトン 2位:ボッタス 3位:ベッテル
2016年 F1 イタリアGP決勝 2016年 F1 イタリアGP決勝
1位:ロズベルグ 2位:ハミルトン 3位:ベッテル
2015年 F1 イタリアGP決勝 2015年 F1 イタリアGP決勝
1位:ハミルトン 2位:ベッテル 3位:マッサ
2014年 F1 イタリアGP決勝 2014年 F1 イタリアGP決勝
1位:ハミルトン 2位:ロズベルグ 3位:マッサ
2013年 F1 イタリアGP決勝 2013年 F1 イタリアGP決勝
1位:ベッテル 2位:アロンソ 3位:ウェーバー
2012年 F1 イタリアGP決勝 2012年 F1 イタリアGP決勝
1位:ハミルトン 2位:ペレス 3位:アロンソ
2011年 F1 イタリアGP決勝 2011年 F1 イタリアGP決勝
1位:ベッテル 2位:バトン 3位:アロンソ
2010年 F1 イタリアGP決勝 2010年 F1 イタリアGP決勝
1位:アロンソ 2位:バトン 3位:マッサ
2010年 F1 イタリアGP決勝 2009年 F1 イタリアGP決勝
1位:バリチェロ 2位:バトン 3位:ライコネン
2008年 F1 イタリアGP決勝 2008年 F1 イタリアGP決勝
1位:ベッテル 2位:コバライネン 3位:クビサ

2019年F1イタリアGP予選

53577.jpg
ルクレールがポールポジション獲得です。

フェラーリ最速の状態で迎えた地元イタリアGPでしたが、2位はハミルトン、3位はボッタスで、ベッテルが居ない。そのベッテルは4位・・・ホントなら予選1-2のはずなのに、ベッテルどうしたんでしょ?。

◎イタリアGP予選履歴
2017年 F1 イタリアGP予選 2017年 F1 イタリアGP予選
1位:ハミルトン 2位:フェルスタッペン 3位:リカルド
2016年 F1 イタリアGP予選 2016年 F1 イタリアGP予選
1位:ハミルトン 2位:ロズベルグ 3位:ベッテル
2015年 F1 イタリアGP予選 2015年 F1 イタリアGP予選
1位:ハミルトン 2位:ライコネン 3位:ベッテル
2014年 F1 イタリアGP予選 2014年 F1 イタリアGP予選
1位:ハミルトン 2位:ロズベルグ 3位:ボッタス
2013年 F1 イタリアGP予選 2013年 F1 イタリアGP予選
1位:ベッテル 2位:ウェーバー 3位:ヒュルケンベルグ
2012年 F1 イタリアGP予選 2012年 F1 イタリアGP予選
1位:ハミルトン 2位:バトン 3位:マッサ
2011年 F1 イタリアGP予選 2011年 F1 イタリアGP予選
1位:ベッテル 2位:ハミルトン 3位:バトン
2010年 F1 イタリアGP予選 2010年 F1 イタリアGP予選
1位:アロンソ 2位:バトン 3位:マッサ
2010年 F1 イタリアGP予選 2009年 F1 イタリアGP予選
1位:ハミルトン 2位:スーティル 3位:ライコネン
2008年 F1 イタリアGP予選 2008年 F1 イタリアGP予選
1位:ベッテル 2位:コバライネン 3位:ウェーバー

nice!(25)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

nice! 25

コメント 4

とまと

二連勝素晴らしい^^
by とまと (2019-09-09 21:16) 

しのぴん

とまとさん、コメントありがとうございます。
フェラーリが調子を上げてきたので、ルクレールはこの先も勝ちそうですね♪。
by しのぴん (2019-09-09 22:20) 

masakazoo

フェラーリがルクレール色に染まりつつある。こうなると、ハミルトンもフェルスタッペンも移籍できない。あるとしたら、リカルド。濃厚なのはジョビナッツイの昇格。ベッテルがF1をリタイヤするのが前提ですが。

ここ数年、空力のリーダーだった感のあるフェラーリ。フロントウイングでの失敗がタイヤにも影響している。メルセデスには目利きがいるんだなと感じる今日この頃です。
by masakazoo (2019-09-16 20:45) 

しのぴん

masakazooさん、コメントありがとうございます。
ベッテルが乗り切れてないのは、フェラーリのマシンがベッテルのドライビングスタイルに合ってないからだと、モントーヤが言っておりました。しかしルクレールが上手く乗れてる状況の中では、ベッテルスタイルにマシンを合わせる事はなさそうな・・・。
ベッテルはこのまま終わらないでほしいですね。
by しのぴん (2019-09-16 22:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。