So-net無料ブログ作成

LEVORG体感試乗イベントに行って来ました [車]

DSC06696.jpg
LEVORG DRIVING EXPERIENCE」の東京会場イベントに当選しましたのでお台場に出かけてきました。


このてのイベントにことごとく外れてきたしのぴんですが出さなきゃ当たらないので、LEVORG体感試乗イベントにもブログ書いた日に応募してみました
そしたらなんと、この体感試乗イベントに当選しちゃいました!。
SUBARU_LEVORG_DE.jpg
ただ、残念ながら高速走行もあるSpecialではなくて、Enjoyでしたが・・・。まぁ当たっただけヨシとしなくちゃね!。

と言う事で、いざ会場へ。
DSC06688.jpg

入口には「駐車場はありません」との記載が。我が家はいつも駐めてる船の科学館駐車場に入れてきました。
DSC06689.jpg

おーー、やってるやってる。
DSC06690.jpg
人数を制限している事もあり、ごちゃごちゃした様子はなくて、ゆっくりしています。

体験試乗車以外にこれら4台に触れることが出来ました。
DSC06691.jpg

Enjoyコースのメニューは、まず「プリクラッシュブレーキ体感試乗」。
DSC06692.jpg

そして「ハンドリング性能体感試乗」。
DSC06694.jpg
この2つの中で特別な体験は、やはり後者の「ハンドリング性能体感試乗」でしょうね。

そしてこんな張り紙が。
DSC06693.jpg
なので試乗中の写真は撮ってません。ま、これは仕方ありませんな。

受付を済ませて順番を待つこと数十分(もちろん早めに来てましたが)・・・順番が回ってきました。

まず最初に「プリクラッシュブレーキ体感試乗」。こちらはインストラクターの方が運転して体感する事になっていました。
「アイサイト(ver.3)」になって50km/hまで停止可能となったという事で、50km/hまで加速してノーブレーキでダミーに突っ込みます。
いざスタート・・・速度は一気に50km/hまで上昇しそのままダミーに向かうと・・・「ピピピ・・・」と警告音が鳴り、すぐに減速開始・・・で、最後はABS稼働するまでフルブレーキング!!。
DSC06695.jpg
・・・止まったぁ。。。この体感やっぱビビるよね。
それにしてもレヴォーグ、ブレーキ効きますね。まぁ我が家のクルマとは車重もタイヤも違うから比較出来ませんが、これくらい効けば言う事無しですね。

続いてバック時のアクセル開度リミッターと速度リミッターも体感。アクセル全開にしても速度上がらないし、リミッターをセットするとそれ以上は上がらないし。今時の安全装備は良く出来てますね~。

ちなみに50km/hからのプリクラは2回体験させてもらえます。

次はこのイベントの目玉「ハンドリング性能体感試乗」。パイロンで作られた試乗コースを自らステアリングを握って、1.6Lと2.0Lをそれぞれ走らせて、走りの違いを体感する事が出来ます。

まずはインストラクターの方が運転する車に同乗してコースを一周、どの様に走らせるかレクチャーを受けます。
DSC06701.jpg
コースレイアウトは、まず低速でのパイロンスラロームでノーズの入りをチェック。一旦停止して次は1速でアクセルベタ踏みしての全開加速体感区間。最後は大きく左右に振ったパイロンをそれなりにアクセル踏んで攻めるボディ剛性体感区間という3セクション。
一般人向けとしては中々気合いの入った内容。スバルさんはレヴォーグの仕上がりによっぽど自信があるんですね!。

レクチャー後は自らステアリングを握って試乗開始です。
まずは1.6Lに試乗します(写真は展示車で試乗車ではありません)。
DSC06699.jpg
タイヤは215/50R17(だと思います・・・確認出来ませんでしたが)。
DSC06697.jpg

最初は低速でのパイロンスラローム。ナルホド、ノーズが軽くてぐいぐい曲がって行きます。
次は停止してからマニュアルモードで1速にセットしアクセルベタ踏み!!・・・と、決して遅くはありませんけどビックリするほど早いとは感じませんでした。
また停止して今度はグッとステアリングを回してアクセルコントロールしながらパイロンを攻めます!。コーナーを過ぎる度にタイヤからスキール音がっ!!(って攻めすぎ?)。いや~、楽しい楽しい♪。
久々にクルマで攻める走りを体感して終了。あっという間だったな~。

次は300psを誇る2.0Lに試乗(これも展示車で試乗車ではありません)。
DSC06700.jpg
タイヤは225/45R18(だと思います)。
DSC06698.jpg

1.6Lと同じく最初は低速でのパイロンスラローム。こちらもぐいぐい曲りますね。
次は停止してからマニュアルモードで1速にセットしアクセルベタ踏み!!・・・最初はじわっとスタートしますが途中からターボが効き出すとスゴイ加速力!。この加速は1.6Lの比じゃありません。停止目標のパイロンがあるのですが、あまりに加速するので思わずその手前からブレーキを踏んでしまいました(^_^;)。
再度停止して今度はグッとステアリングを回してアクセルコントロールしながらパイロンを攻めます!。パワーが乗ってくると1.6Lの時よりコーナーがタイトに感じる位早いっ!。ここでもタイヤから思いっきりスキール音出しちゃいました!!(ってまたまた攻めすぎ?)。いや~、こりゃ2.0L楽し過ぎです!!。
これまたあっという間に試乗終了・・・うーーん、もっと乗りたかった。

比較した感じとして、1.6Lはエンジンパワーそこそこだけど速度が乗ってくると早そうなので、普通に使う分にはこれで十分だと思いました。
2.0Lはさすがに早いけど、もし乗るとしたらここまで過剰じゃなくてもワタシ的にはいいかな?。
1.6Lの良いところは、ターボなのにレギュラーガスだって事(2.0Lはハイオク)。燃費もそれなりに良いとの情報がネット上でも出てきてますし、やっぱ売れ線は1.6Lになるんでしょうね。

ボディ剛性はどちらも同じですので比較ではありませんが、スラロームでどれだけ攻めてもミシリとも言わないボディはワゴンとは思えない感じですね。これなら山道ちょっと攻めて走っても楽なんだろうなぁ。

ちなみに乗り心地ですが、自分は走る事ばかりに気が行ってしまいリサーチできず(+_+)。ワタシの印象としては、それほど硬く感じなかったのですが・・・。
で、今回も乗り心地ウォッチャーの妻が助手席に座っていますので、乗り心地がどうだったか聞いてみたところ、やっぱりちょっと硬めで段差での突き上げは感じたとの事。最近は我が家のネオチューンエスハイがリファレンスになっているので、以前に増してさらに厳しい評価になっているかも!?。
とは言え今回は駐車場に作った特設コースですので、乗り心地を評価するにはあまり適当ではなかったかな。

試乗終了してコースから出ると、別枠には高速+一般道試乗コースに出るレヴォーグが。
DSC06707.jpg
こっちにも乗ってみたかったなぁ。

受付のテントにはエンジンのカットモデルが。
DSC06702.jpg
ターボはこんな位置に付いているのね。

と言う事で、今回のおみやげはこちら。
DSC06708.jpg
レーンキープして走り、障害物があれば停止するレヴォーグのミニカー。

これ、停止するとブレーキランプが付くんですね(笑)。
DSC06709.jpg

と言う事で、レヴォーグはなかなか良い車だと思いました。
ただもう一つの本命、「アイサイト(ver.3)」のクルコンやレーンキープを体感出来なかったので、一般道の乗り心地を含めてディーラーでの試乗にトライしたいなぁと思った今日の体感試乗会でした。

◎2014年の試乗履歴

DSC05513.jpg 2014/06/29
コイツは大人のスポーツカー 新型コペンに試乗しました
DSC05513.jpg2014/01/25
次の愛車はスポーツカー? TOYOTA 86に試乗してもらいました
DSC05557.jpg2014/01/23
日本の為の5ナンバーサイズ 新型ヴォクシーに試乗しました
DSC05488.jpg2014/01/23
ガソリンモデルとどう違う? 新型ハリアーハイブリッドに試乗しました


◎2013年の試乗履歴はこちらから↓

shinopin_Award2013.jpg2013/12/31
しのぴん「試乗しました」勝手に(?)人気アワード2013


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0