So-net無料ブログ作成

コイツは大人のスポーツカー 新型コペンに試乗しました [車]

DSC06610.jpg
着せ替えボディだけじゃない。新型コペンの走りを体験してきました。


今年も色んな新車が発売されますが、その中でも新型コペンはちょっと異質な存在。
なんてったってこのクルマ、軽自動車だけどスポーツカー。オマケにルーフは電動開閉式だし、なんと外板は着せ替え可能だって!?。

ダイハツとしても良い評価をされたクルマの2代目だけに、しっかり作り込んだと言える自信があるからなのか、まだ発売前の5月10日に一般人対象の試乗会をする気合いの入れよう。
New_copen_01.jpg

そしてとうとう6月19日に発表を迎えたワケですから、こりゃークルマ好きならイヤでも(?)気になります(^_^;)。
なので近所のどこに試乗車があるのか探したところ、よく買い物に出かける新山下にある「神奈川ダイハツ販売(株)新山下店」に置いてることを発見!。買い物ついでに(と言うより試乗がメイン?)出かけてみました。

このお店にはショールームに展示車が1台と、外に試乗車が1台の合計2台、新型コペンを置いています。
このクルマをパッと見た最初の印象は「案外立派に見える」でした。
写真ではいかつい感じだし、ボディ外板はほとんど樹脂だし、もしかしたら安っぽい感じなのかな~と思っていましたが、実車は逆に軽自動車とは思えない質感です。

そして試乗車ですが、ローブのオートマ仕様。
DSC06611.jpg
ボディカラーはイメージカラーの「リキッドシルバーメタリック」です。

試乗コースはディーラー周辺の指定コースなのですが、新型コペンは2人乗りだからなのか営業の方は同乗せず、免許証を確認後にコース図を渡されて「このルートで走ってください」との事。こちらは妻と2人で来ていたので一緒に乗って試乗が出来てホント良かったです(^。^)。

では早速コクピットへ・・・おっと、久々の試乗だったのでシートの写真撮るのを忘れてました(-.-)。
シートカラーは標準のベージュで、適度に締め上げられたバケット形状になっています。
シートを合わせると・・・おや、案外後ろに隙間が残ってない?。ワタシの身長は163cmと小柄な方ですが、それでもこのスペースだとすると、大柄な人はシートポジションを合わせられないでしょうね。やっぱり軽スポーツモデルは大柄な人には向いてないようです。

メーター回りはこんな感じ。
DSC06603.jpg
純正ナビ付きなのでステアリングスイッチが付いています。
ただ、オートマモデルにパドルシフトは付いていないんですね。最近はミニバンのスポーツ系モデルに付いていたりしますが、逆にこのクルマに付いていないのが不思議だったりして。これは好みの問題でしょうけど、新型コペンみたいに積極的にマニュアルモードを使いたくなる車なので、パドルシフトが欲しかったなぁなんて思いました。

オートマのシフトレバーは前後に動かしやすい形状のもの。
DSC06607.jpg
マニュアルシフトは押してアップ、引いてダウン。これまた好みですがワタシは逆がいいなぁ。

まずはシフトレバーをDにセレクトしてスタート・・・ゆるゆると走り出すとCVTは低い回転数を保って加速していきます。
しかしそれじゃ面白く無いので、信号で停止た時にシフトレバーを右に倒してマニュアルでスタンバイ。シグナルグリーンでアクセルON!!・・・最初の蹴り出しはちょっとゆるいなぁ。でも加速し出すとターボが効いて速度が乗ってきます。
さすがに公道なので加速は制限速度いっぱいまでしか試せませんが、660ccのターボなのでワタシの感覚だと加速は驚く程早くはありません。でも、ターボが効いてからの加速はそこそこ速いので、もっと速度レンジが高いミニサーキットみたいな場所で走らせると、案外早く感じるかも知れません。
シグナルグランプリ(死語)でスタートダッシュを決めるのであれば、エンジン回転数を上げてクラッチミート出来るMTの方が良さそうですね。

公道を走ると段差やうねりがあるので乗り心地がキツイクルマだと疲れますが、新型コペンは足自体硬めなので、強めの段差では振動が来るのですけど、小さな段差は思ったより突き上げがマイルドでしなやかにいなしてくれます。

装着していたタイヤは165/50R16のPOTENZA。
DSC06613.jpg
扁平率は50なのですがトレッドが165しかないのでタイヤはかなり薄め。オマケにスポーツタイヤのPOTENZAですから、ちょっとした段差でもゴツゴツ来そうなのに、案外乗り心地は悪くないです。
この程度であれば遠乗りしても疲れは少ないと思います。

助手席に座った妻のインプレッションですが、段差で突き上げたときにフロアは揺れるけどその振動がシートからお尻には伝わらないそうな。シート自体はそんなに厚みがあるワケではないのですが、うまく振動を吸収してくれる良く出来たシートなんでしょうね。

エンジンが暖まったところで信号で停止すると・・・おぉ、エンジンが止まった。
DSC06608.jpg
オートマモデルにはアイドルストップが付いているんですね~。スポーツカーでしかもターボエンジンなのにアイドルストップ付きというのは、とてもいいんじゃないかと思います。
これでオートクルーズなんか付いたら・・・なんてやると高くなっちゃうか(^_^;)。でもいずれレーダーセンサー付きの安全装備が付けられる様になるといいですね。

そうそう、肝心のオープン操作ですが、ルーフのロックを外してこのスイッチを手前に引き続けると、約20秒でオープンになります。
DSC06609.jpg
オープンにして走ってみると、風の巻き込みもあまり無くて快適に走れます。オープンスイッチの後ろのボタンはシートヒーター。これ標準装備なんですよね。これなら冬場にオープンで走るときも快適でしょうね。

試乗はあっという間に終了。出来ればコーナーをちょっとペース上げて走ってみたかったなぁ。

ショールームで展示車のエンジンを見ようと思ったら・・・どこにレバーがあるの?。
セールスの方に聞くとセキュリティの為、鍵の掛かるグローブボックスの中にあるそうな。
DSC06620.jpg

エンジンルーム・・・さすがに詰まってますね。
DSC06617.jpg
ボンネットすべて柔らかい樹脂なので、支え棒の逆側が下がってたりします。

トランクリッドのボタンも鍵の掛かるボックスの中。
DSC06618.jpg

トランクはルーフが納まるのですが、ルーフをクローズにしておくと案外広いスペースが。
DSC06619.jpg
これなら買い物の荷物くらいだと乗せられそうです。

ちなみに試乗させて頂いた「神奈川ダイハツ販売(株)新山下店」は、Copen Siteという専門店になるそうで、専用パーツなんか売ってます。
DSC06624.jpg
このショック、黄色なんでビルシュタインかと思ったらショーワでした。

それから帰りにこんなおみやげまで頂きました。
DSC06628.jpg
ワタシが毎日使っている真空ステンレスカップが壊れて処分したばかりだったので、あまりのタイムリーさにビックリ!。ホントありがとうございますm(_ _)m。

と言う事で新型コペンですが、他のクルマに出来ないオープンでの走りが一番のウリでしょうけど、クローズにして走ると思ったより静かなのにビックリしましたし、ドアは剛性感があって安っぽく閉じないし、軽自動車だと思うと値段は高めに見えますが、価格に見合う質感は備えてると思います。
価格の事もありますけど、これは大人のスポーツカーなんじゃないでしょうか。

あ、そう言えば着せ替えした時にパネルと工賃いくらかかるか聞くのを忘れてました(+_+)。
着せ替え費用はわかりませんが、やっぱ本命は丸目ですかね?。
709539.jpg

新型コペン ウェブリンク
ダイハツ、13個の樹脂パーツで外装を自由に変更できる新型「コペン」 / 「コペン ローブ」はCVT(7速モード付き)が179万8200円、5速MTが181万9800円 - Car Watch

◎2014年の試乗履歴
DSC05513.jpg2014/01/25
次の愛車はスポーツカー? TOYOTA 86に試乗してもらいました
DSC05557.jpg2014/01/23
日本の為の5ナンバーサイズ 新型ヴォクシーに試乗しました
DSC05488.jpg2014/01/23
ガソリンモデルとどう違う? 新型ハリアーハイブリッドに試乗しました

◎2013年の試乗履歴はこちらから↓
shinopin_Award2013.jpg2013/12/31
しのぴん「試乗しました」勝手に(?)人気アワード 2013

nice!(49)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 49

コメント 8

hiro

きれいなボディの質感が見えるような画像素敵です。
by hiro (2014-06-30 00:10) 

しのぴん

hiroさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
新型コペンは樹脂ボディなので、鉄板には出来ない細かい細工が出来る分デザイナーががんばったそうです。
塗装も樹脂の方が鉄板より発色が良いのだとセールスの方が言っていましたよ。
by しのぴん (2014-06-30 00:16) 

johncomeback

宝くじ当たったらセカンドカーに買って、
旧型コペンの娘婿に見せびらかします(笑)
by johncomeback (2014-06-30 11:25) 

楽しく生きよう

おっと、しのぴんさんも試乗されましたか。
結構佳いですよね。
私は赤でしたが、外板の素材似る差が無くてとても佳いですよね。
by 楽しく生きよう (2014-06-30 17:30) 

しのぴん

johncomebackさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
以前も書いたかも知れませんが、ワタシは宝くじあきらめたのでその手では買えないのが残念??。
新型コペン、2シーターの使い勝手が許せる環境であれば、なかなか良い車だと思いましたよ。
by しのぴん (2014-07-01 00:07) 

しのぴん

楽生さん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、スチールと樹脂パネルの塗装が全く同じように見えるのはスゴイと思います。
樹脂の方が発色が良いというのは意外でしたが。
by しのぴん (2014-07-01 00:09) 

masakazoo

コペンは、割り切りのいい車。コペンブランドを大切にして欲しいな。
by masakazoo (2014-07-01 21:32) 

しのぴん

masakazooさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
やっぱエコ一色じゃなくてこんなクルマ必要ですよね。着せ替えコンセプトは飽きさせず長く持ってもらう=メーカーとしても持続し続ける覚悟だと勝手に解釈しています(^。^)。
by しのぴん (2014-07-01 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0