So-net無料ブログ作成

2012年のモナコで、今シーズンまた違うドライバーが勝利! [F1]

200425.jpg
今シーズン6人目のウィナー、ウェーバーが繰り上がりポールから勝利を得ました!!


モナコ決勝レースですが、今回はナゼかライブタイミングが調子よく動いてる(^_^;)。別のブラウザを試すつもりでしたがすっかり忘れていて、ダメならしょうがないと思っていたのですけど、動いてくれてラッキーです!
なので、今回は出来る限りライブタイミング見ながら書いてみます・・・でもモナコは長いからなぁ。。。途中で萎えるかも。

昨日の予選は、驚きのシューマッハトップタイムでしたが、残念ながら降格でポールはウェーバーになりました。予選でクラッシュしてタイムがなかったペレスですが、救済されて最後尾スタートです・・・いや、マルドナードがたくさんペナルティー喰らって最下位になってた(笑)。
Q3ノータイムだったベッテルは、案の定ソフトタイヤでスタートです。こりゃまるで「自分は1ストップやりますよ」って言ってるような物だね!?

そしてスタート!!シューマッハが落ちてベッテル上がってます!!・・・あれ~、コバヤシ君のポジションが落ちてくぅ。。。。S1でグロージャンが止まってるので、なにかやらかしたんだろうな。S2でマルドナードも止まってる。。。これまたなにかやらかしたな。
・・・そしてモナコ名物(?)セーフティカードライブ。コバヤシ君は最下位になったけど、セーフティカーのおかげで遅れを取り戻して隊列の真後ろに。。。って最下位じゃどうにもならんか(-.-)

セーフティカーはすぐ消えて4周目からレース再開。コバヤシ君一人メチャ遅っ!!。マシン壊れてるんだな~こりゃ。そしてそのままピットへ・・・。リタイヤ表示にならないけど、ピットからなかなか出ていきませんね・・・と思ったらリタイヤの表示が(T.T)。って事で、今日のモナコ終了(終わってないって)

ラップ10・・・トップのウェーバーはロズベルグに1.4秒差つけてます。先頭は自分のペースで走れるから有利だよね。隊列が出来てオーバーテイクもない感じ。そろそろ誰かさんの列車が出来はじめる頃ですな。

ラップ14・・・ペレスがファステストっ。。。この人モナコ早いけど、去年も今年も予選でミス。いくら早く走れても早いだけじゃダメで、ミスなく走らなきゃいかんとよ。
しかしポジションの入れ替わりのないレースは、ライブタイミング見ていても退屈だなぁ。オマケにモナコは78周も走らなきゃなんない。こりゃ今日は辛いな。

ラップ20・・・ここに来てフェラーリ勢が早くなった!。アロンソ・マッサ共に早いタイムで周回しだしています。ソフトタイヤのベッテルが前から若干離されつつあるのはわかるけど、ライコネンもイマイチなんですよね~。完全にシューマッハに後ろつつかれてます。ここでまたシューマッハが追突したら、次回は10グリッド降格か??。

ラップ25・・・あぁ、ライコネンの後ろに列車が出来ちゃった。早そうだと評価が高かったロータスなのに、どうしちゃったの?。ここでなんとベルニュがトップタイム!・・・ん、ベルニュって誰だ(^_^;)

ラップ27・・・ロズベルグが1回目のピットストップを実施。タイヤに厳しいメルセデス、低速のモナコでも同じって事なんでしょうか。しかし同じマシンのシューマッハはまだタイヤ大丈夫かな?。ってかライコネンに前を塞がれて今は辛いトコですかね。

ラップ29・・・ウェーバーを初め続々とピットイン。ラップ30にはアロンソもピットへ。そしてラップ31にマッサもピットに入り、ソフトタイヤのベッテルがトップになりました!!。1ストップで走りきるにはあと20ラップ位はこのタイヤで走らないといけないのでは?。大丈夫かベッテル??。

ラップ35・・・ヒュルケンベルグがファステストっ。。。いや、それよりも今注目はベッテルか!?。ウェーバーより1秒近く早いラップで周回していて、タイヤを交換したウェーバーをじりじりと引き離してる!!。予選ではマシンのセッティングに苦しんでいた様だったベッテルですが、さすがワールドチャンプは違いますな。

ラップ38・・・なんと雨が降り出したと言う情報が!!。こりゃまた荒れるな~モナコだし。こんな時コバヤシ君が走っていたらなぁ。まったくリヤイヤが悔やまれますな。ペレスがドライブスルー喰らってまた順位が落ちました。。。今年のモナコはザウバーにとって鬼門となりました。。。

ラップ45・・・ベッテルのウェーバーとの差は16.6秒。これではタイヤ交換すると先頭では戻れません・・・と思ったらベッテルピットイン!!!。タイヤを交換してウェーバー・ロズベルグの後ろでコースに戻っています。残り32ラップをスーパーソフトで走りきらなければなりませんが、そのミッションを完遂できるのか・・・あら、アロンソに抜かれて4番手となりました(-.-)

ラップ47・・・またまたペレスがファステストっ。。。この人モナコ早いけど、去年も今年も予選でミス。いくら早く走れても早いだけじゃダメで、ミスなく走らなきゃいかんとよ(part2)。

ラップ50・・・トップのウェーバーから6位のマッサまでの差が立ったの5.2秒しかありません!!・・・ありゃりゃ、シューマッハがマッサから22秒も遅れてる。。。何があったんでしょう??。今後は、上位勢がいつタイヤを交換するかですね。ライコネンはポイント圏外の11位まで落ちてます。こちらもどうしちゃったんでしょう??

ラップ58・・・残り20周ですが動きがないですね。まさかみんな1ストップなの??。後方の争いでは、コバライネンをバトンが抜けません!。完全に格下のマシンなのに抜けない・・・まさに「ここはモナコ・モンテカルロ」です!?

ラップ62・・・なんとシューマッハが走行中のドライバーの中で一番ラップタイムが遅い!!。そしてベルニュに抜かれ7位の座を奪われてしまいました。あの幻のポールポジションは一体何だったんだ??。
そしてシューマッハはどんどん抜かれたあげくにピットへ。。。何かトラブルだったのかなぁ。。。

ラップ68・・・残り10周、誰も動きません!!。なんと全ドライバーが1ストップだったのね・・・そんな事、全く気づきませんでした(-.-)。と言う事は、ベッテルはタイヤ交換する前までにウェーバーとの差を20秒まで広げておかないといけなかったワケですな。ウェーバーは前にいる事で簡単に後ろに抜かれない様にすれば、勝利を手に入れられるワケです。

ラップ70・・・一気にラップタイムが落ちてきたゾ。。。雨が本格的に降ってきたようです!!。残り周回数はわずかなのでピットに入ることは無いでしょうから、ミスなく走る事が重要になります。

ラップ73・・・ウェーバーから6位のマッサまでの差がなんと4.2秒しかない!!。ウェーバーは絶体にミスできません・・・でもこのベテランがミスする事はまず無いな。

ラップ76・・・残り2周、雨も上がったようでタイムが戻っています。中段以降を見ると、ライコネンがいつの間にやら9位に居てポイント圏内です。こりゃラッキー??

ラップ77・・・残り1周。。。もうドラマはなさそうですね。

ラストラップ・・・もう誰も冒険はしません。ウェーバーからマッサまで6台の隊列がゴールを目指します。

そしてチェッカー!!。ウェーバーがポールから勝利を得ることに成功しました!!!

それにしても皆1ストップだったんですね。これではベッテルの奇策は全く通用しませんでしたね。それでも10位スタートから4位でフィニッシュしたんですから、そんなに悪くない結果かな?(でもチームメイトのウェーバーは勝ったけど)
シューマッハも予選だけは盛り上がったけど、決勝は相変わらずのイマイチ。そしてリタイヤ。。。この先大丈夫かな?。
しかしコバヤシ君が走るところを見たかったなぁ。でも彼はモナコ嫌いみたいだから、この結果はしょうがない??
終わってみればファステストラップはペレスでした。この人モナコ早いけど、去年も今年も予選でミス。いくら早く走れても早いだけじゃダメで、ミスなく走らなきゃいかんとよ(part3)。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 2

marbee

いつもご訪問&コメントありがとうございます。

ミハエルはマシントラブルですね。
結果論だけどペナルティが無くてミハエルトップ快走中にマシントラブルよりは見ている方の精神的ダメージは少なくて良かったかなっと。(笑)

次のカナダもメルセデスAMGが得意そうなコースなのでミハエル期待しています。
by marbee (2012-05-28 21:20) 

しのぴん

marbeeさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

確かにシューマッハがトップ快走中にトラブルでリタイヤしたらガッカリしますね。シューマッハは次戦に期待です。
そうそう、コバヤシ君も次戦がんばってもらわねば!!
by しのぴん (2012-05-29 22:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0