So-net無料ブログ作成

11F1イギリスGP予選 [F1]

180674.jpg
ブロウンディフューザー規制強化も跳ね返したレッドブル、今回はウェーバーが上でベッテルが続く1-2で、レッドブルが予選制覇しました。


ヨーロッパでF1が行われると、日本時間で21時スタートってのが通例。なので、いつもの様にF1オフィシャルサイトのライブタイミングとスポーツナビF1レース速報と同時に「観戦」。ブロウンディフューザー規制が厳しくなって最初の予選、今日は寝ないぞ~(笑)。
ってことで、ライブ見ながら書いてみます。

Q1は全車が最初からタイムアタック!。開始時にまだ雨は降ってなかったのですが、雨が降り出してQ1敗退にならない様早めにタイムを出していました。そして途中からスリックでは走れない程の雨に・・・予想的中!ってか、それくらい簡単に予測できる位、雨が降る事がわかってたんでしょうね。
結局雨は降りましたが、全車早めのタイムアタックをしたのでQ1で波乱はありませんでした。そんな中、トロ・ロッソ勢がQ1敗退したのに対し、ロータスのコバライネンがQ1クリアという結果となりました。

Q2では雨があがりましたが、大雨の後だったのでインターミディエイトで走行開始。でも数分後にはドライタイヤでOKとなり、ウィリアムズ勢が1-2、その後コバヤシ君が暫定トップ・・・でも一瞬でウェーバーにかわされましたが(T.T)。
コースコンディションがどんどん良くなるので、ぎりぎり最後にトライする方が有利になりそうな展開。これは最後のタイムアタックのタイミングが勝負を分けそう。
残り2分頃には全車コースイン!!最終アタックでコバヤシ君はイイ走りをして、フィニッシュ時点で暫定5位!!。最終的にも7位と、ナイスなトライをやってくれました!!。
最速を欲しいままにしていたハズのベッテルですが、最終アタックでいいタイムが出ないと見るとアタックやめたみたいで、なんとQ2は6位に終わり・・・Q3で挽回できるかどうか?
Q1と違ってQ2通過はややいつもと違うメンバーに。ルノー勢は規制が厳しくなって辛くなったか?。その代わりにトップ10に入ったのが、ザウバー・ウィリアムズ・フォースインディアのそれぞれ1台。

Q3は残り8分頃には、コバヤシ君を除いた9台がコースイン。その後コバヤシ君もコースに入り、全車でアタック開始です。最速ベッテルはその称号を奪われない様踏ん張れるのか?。
ファーストトライはウェーバーがトップ、続いてベッテルと、なんだ、レッドブル結局早いんじゃん!?。
そしてコバヤシ君はなんと暫定8位!。下にはなんとロズベルクとハミルトン・・・どうなってんだ??。
ところが残念なことに、ラストアタックする前に小雨が・・・結局全車タイムアタックをあきらめて(ってかザウバー・ウィリアムズ・フォースインディアはラストアタックしない予定だった様に見えましたが)、ファーストトライでの結果が予選結果となり、ウェーバーが今季2度目のポールとなりました。
180603.jpg

ブロウンディフューザー規制強化で、確かにレッドブルの予選でのぶっちぎり感は無くなった感じですが、それでも早いのは元々空力的に良くできているマシンって事なんでしょうね。
これにより息を吹き返したのはフェラーリ、レッドブルには負けましたが、アロンソはかなり接近したタイムを出してましたね。
しかしハミルトンは何で遅かったんでしょう?。ロズベルクと共に、遅い理由がよくわかりませんでした。
おかげでコバヤシ君は8位に留まれてよかったね(^。^)。残念なのは、フォースインディアとウィリアムズに負けたことでしょうか・・・

決勝はどんなレースになるでしょう?。気になるのは天気・・・また波乱が起こるか??


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 1

marbee

いつもご訪問&nice&コメントありがとうございます。

ハミルトンも最後雨が降らなければ本気でアタックしてそれなりの位置に付けたと思うんですけどねぇ・・・

本気アタックが観れなかったという点で最後の雨は残念でした。

決勝は晴れると良いな。
by marbee (2011-07-10 12:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0