So-net無料ブログ作成

11F1カナダGP予選 [F1]

178267.jpg
フェラーリ躍進!!。でもポールはここでもベッテルなのでした。


いつもなら、F1オフィシャルサイトのライブタイミングとスポーツナビF1レース速報と同時に「観戦」するのですが、カナダGPは予選・決勝とも日本時間では深夜・・・ライブで見るなんて自分にはちょっと無理(+_+)。
なので、今回は地上波テレビ放送を録画したのを見てから書くことにします。

まずQ1ですが、地上波では結果のみで走りはカット(^_^;)。
ここではフェラーリ勢が良いタイムを刻んだようですね。
そして、ヴァージンのジェローム・ダンブロシオが107%ルールを満たせませんでした。
カナダはマシンの性能差によるタイム差がかなりデカイですね。なので、ダンブロシオは救済されないのかと思いきや、フリー走行でクラッシュし、シャシー交換し思った様に走れなかったので、それを鑑みてレース走行許可されたそうな??。それでも上位勢とはタイム差が大きいので、カナダでは「走るシケイン」になりそうです・・・。

Q2に入ってもフェラーリ勢好調!。マッサがトップタイムを刻んでいます。
ここでコバヤシ君敗退・・・。なんでもDRSの調子が悪かった様で、アタックラップでとっちらかっちゃった映像が出ていました。カナダはちょっとミスするとウォールの餌食になっちゃうので、DRSがトラブるとヤバイですよね。まぁ決勝では使える場所が限られるので、予選ほどリスクは無いでしょうが。
Q2で生き残ったチームは、フェラーリ・レッドブル・マクラーレン・メルセデス・ルノーと、速いマシンが順当に残った感じ。決勝では、何もなければ速いマシンが逃げていくんでしょうね・・・でも、カナダは必ず何か起こりますが(^_^;)。

今回のQ3、決勝が雨になる可能性が高いと言う事で、今までのようにタイヤ温存はせず、早いレッドブルでもラストアタックに行く展開。いや~、やっぱ予選はこうでなくちゃ(^。^)。
結果だけ見ると、ベッテルがポールと相変わらずの早さを見せつけたわけですが、今回は僅差でフェラーリ勢2台が続くと言う面白い結果に。ってか、アロンソはマジでポール狙ったんだと思うのですが・・・ベッテルには届かなかったってトコでしょうか。
恨めしそうにレッドブルのマシンを見るアロンソ。178268.jpg
いったいどこにその早さがあるんだ???

と言う事で、自分にとって今回の注目マシンはマクラーレンですかね。178228.jpg
この直立したリアウイング!!
上の写真に写っているレッドブルやフェラーリとは大違いです。

予選見ていると、DRSが作動している状態でも「ボーダフォン」のロゴがしっかり見えるくらいリアウイングが効いてる。これだけ抵抗があれば予選トップは狙えないでしょう。しかし逆にこれは、雨の決勝に賭けているのではないか??。雨で各チームが苦しむ中、マクラーレン勢はまさに「水を得た魚」の様に快進撃をする・・・と。

しかしそうなるか見るのは無理だなぁ。なんてったって決勝も深夜だから・・・なので、結果を知るのは月曜の朝、起きてからになりそうです(^_^;)


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 6

コメント 2

masakazoo

しのぴんさん、着眼点が憎い。
私も、マクラーレンは、雨セッティングで決勝モード出たとこ勝負だと思います。
レッドブルのマシンは急激にタイヤに熱を入れられるので、予選とかスタート直後に引き離せるとどこかで読みました。
なら、もう一人はなぜ、予選で駄目なのだろうと考えてしまいました。

雨は、予想外の人にスポットライトを浴びせる。
注目ですカナダ。
by masakazoo (2011-06-12 14:57) 

marbee

いつもご訪問&nice&コメントありがとうございます。

確かにマクラーレンのリアウィング立ってますねぇ。(笑)
流石しのぴんさん。よく見ていますね。

こりゃ決勝は読めないですねぇ。(笑)
by marbee (2011-06-12 20:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0