So-net無料ブログ作成

VAIO Z セッティング その3 [PC]

DSC04671.jpg
ここからは、転送ツールでデータを転送した後に出たトラブルを書きましょう。


転送した後からは基本的にZを使うようにして、徐々に自分仕様にしていったのですが、なかなかすんなり行かない物です・・・

まずはブルートゥースマウスのセッティング。
転送中の時間に買ってきたのは、サンワサプライのMA-BTLS17Rという5ボタンのマウス。SONYのブルートゥースマウスの方がが安心して使えるので良かったのですが、5ボタンのマウスは高い・・・。なので、このマウスを買ってきたのです。

では早速接続しましょう。
DSC04678.jpg

接続ボタンを押してブルートゥースの画面を見ると・・・
DSC04679.jpg
マウスが見えてます。

そしてマウスを選んで・・・
DSC04680.jpg
「ペアリングにコードを使用しない」を選びます。

「正常に使われました」そうな。
DSC04680.jpg
のわりには、マウスが動かないんですけど?

で、トラブルの原因を調べるためにブラウザを開いて検索しようとしたら・・・あれっ、日本語が打てない???

テキストサービスと入力言語の画面を見ると・・・
DSC04682.jpg
ナゼか入っているはずのないATOK 2005が見えてる??

これ、SZに入っていたヤツなので、転送ツールが環境を移行したときに、これも仕込んでしまった様です。で、悪いことにMicrosoftのIMEすら選べない状態となっていたので、日本語を打つ環境を作れない事になってしまってた・・・
で、考えてみたら、土曜日に至るまでにオプションで追加していたATOK 2010を入れていた事から、転送ツールを起動する前に変更したのも悪かったのかも知れません。

どうするべきか検討し、出した結論はATOK 2010の再インストール。
その結果は・・・
DSC04683.jpg
うまくいった様です!!
で、ATOK 2010を既定の言語にして、ATOK 2005を削除して終了・・・
このまま日本語が入れられなかったら、リカバリーからやり直し??・・・やばかった。。。

これで日本語入力のトラブルは解決したのですが、元々問題だったブルートゥースマウスの件はまだ未解決・・・
日本語入力が使えるようになったので、再度ブラウザで検索することに。。。
すると・・・
DSC04684.jpg
以前のVAIO Zで同じようなトラブルがあったらしい。

これによると、対策は・・・
DSC04685.jpg
VAIOアップデートによりドライバの更新があった様です。

でもこの対応対象には、自分のマシンが含まれていません(T.T)

他に対策は無いかと調べると・・・
DSC04686.jpg
ブルートゥースの電源管理で「電力節約のために・・・」のチェックを外せばいいとの事。

早速やってみると・・・
DSC04687.jpg
とりあえず繋がるのですが、ちょっと使っていると、また切れてしまう・・・

他に何か無いかと見ていたら・・・
DSC04688.jpg
マウスのプロパティにも似たような項目があることを発見!
このチェックも外してみました。。。が、どうしても切れてしまい、マウスカーソルが動かなくなってしまうのです(T.T)

この時点では、マウスが悪いのかパソコンが悪いのかよくわからなかったので、我が家にあるブルートゥースマウス、SONY「VGP-BMS15CB」をZに接続して、切れたりしないか確かめてみることに。。。
Bluetooth レーザーマウスベース(ブラック)「VGP-BMS15CB」.jpg
で、結果は全く切れることなく使えることが判明!!!
という事は、問題はマウスの方か??

どうも昔から新しいマウスとは相性が悪いワタシ・・・このマウス、どうしよう???


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0