So-net無料ブログ作成

10F1モナコGP予選 [F1]

153681.jpg
目覚めたかウェーバー!?スペインに続いてモナコでもポールを獲得しました。


F1選手権の中でも、屈指のドライバーズサーキットであるモナコ。
ここを制することは、3戦分の勝利に値するとも言われ、誰もが勝ちたいと思うコースですが、その最有力となるポールポジションをゲットしたのは、最速マシンレッドブルを駆るマーク・ウェーバーでした。
スペインGPの前までは、ベッテルばかり目立っていたのですが、ウェーバーはスペインGPを制したことで、何かが噛み合ってきたのかもしれません。
Q3では1人13秒台突入で、チームメイトを0.4秒も引き離す驚きの早さ!!。
スタートを制すれば、独走になるかもしれませんね。
153361.jpg

しかし今回の驚きは、ルノーを駆るクビサの早さ!!!
Q3では、あわやポールポジションかと言う走りでしたね~。
セクター1は最速だったのですが、セクター2、3がもう一歩伸びませんでした・・・
それでも、チームメイトがQ2敗退となったのを考えると、マシンの性能以上を引き出したとも言える早さだったのでは?
そりゃーフェラーリもクビサが欲しくなりますよね(笑)

そのフェラーリは、アロンソがフリー走行でマシンをクラッシュさせて予選走れず・・・
残ったマッサ、遅くは無かったのですが、最速にはなれませんでした。
アロンソは調子よかったので、もしかしたらポール争いに絡んでいたかも知れませんが、今回予選も走れず、決勝は最下位からのスタート。。。クラッシュ1つで雲泥の差となってしまいました。

マクラーレンは、ストレートが長いと有利ですけど、モナコはストレートなんて無いに等しいので、2台ともQ3には残った物の、中段以降に沈んでしまいました。。。
バトンもハミルトンも、モナコは不得意ではないと思いますが・・・やっぱマシンですかね?

4強から3強+1と言われ出した+1側に成り下がった(?)メルセデス、ここを得意とする(クラッシュもする?)ロズベルグが、Q2トップとなったにもかかわらず、ナゼかQ3ではQ2のタイムを上回れず沈み、シューマッハは終始目立ったタイムを出せずじまい。
ここも2人とも、モナコは不得意ではないと思うのですが・・・シューマッハスペシャルにしたマシンが、時代に合わなくなったのか(^_^;)

ザウバーは、またここで既存チーム最下位に逆戻りしちゃいました。。。
そしてコバヤシ君はデラロサに勝てず・・・モナコはやはり経験値が物を言うんでしょうね。
決勝ではガマンの走りになりそうですが、マシンに早さがないので、とりあえず完走目指してもらいましょう。

って事で、今回の注目はやっぱクビサですね!!!
ウェーバーにもしもの事があれば、優勝だって可能!!!
まずはスタートを決めて、ねばり強く走ってもらいましょう。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0