So-net無料ブログ作成

09F1イギリスGP予選 [F1]

129804.jpg
マシンをアップデートしてますます早くなったレッドブル。若き最速男ベッテルが2戦連続のポールポジションです。


今回のGPは、レースよりも来季に向けてのゴタゴタがクローズアップされてしまい、なんだかスタート前から興ざめモードのイギリスなのですが、いざプラクティスが始まるとやっぱりレースは面白いんですよね~。

今まではブラウンが一歩抜きんでていた状況が続いていたのですが、ここに来てそれが崩れてきました。このコースでは、アップデートの効果もあってかレッドブルが早い!!。
ベッテル、ウェーバーとも早いのですが、予選は毎度ベッテルが上ですね。前回は戦略でウェーバーが上位でフィニッシュしましたが、今回はどうでしょうか?

他には、ウィリアムズも良いタイムを刻んでいますね。まぁウィリアムズの場合、プラクティスは早くても、予選は若干落ちて、決勝はさらに落ちるのが常だったのですが・・・

しかし予選Q1、なんと驚きの一貴1位通過です!!
129713.jpg
もちろんこれには理由があり、スーティルが大クラッシュしてしまい、残り24秒で赤旗中断となってしまったので、最後の最後にアタックするドライバーがタイムを出せなかったからではありますが。
とは言え、今回の一貴は今年のレースの中で一番早く走れてる感じがビンビン来てます。いつも負けてたニコに全くひけを取らない走りを見せてましたし、タイムが出ていたからこそQ1トップになったワケで。。。それくらいイイ感じです。

そしてQ2でも一貴の勢いは止まらず、最終的にはニコより1つ上の6位で通過、さらにQ3でもニコより上の5位通過です!!。
Q3でのこのポジション、今までだと仮にQ3進出していても、燃料多めの消極的アタックになっていたかもしれませんが、今回はホントに早いので、チームもポジティブな戦略を取ってくれた結果じゃないでしょうか。
ブラウンのバトンをも上回ったこのポジションなら、表彰台争いが出来る可能性アリ。このチャンス、大胆且つ慎重に攻めて、絶体にリタイヤせず上位フィニッシュして欲しいですね。

それにしてもバトンはツキがないと言うか・・・
ここまで絶好調で来ていて、満を持して迎えたホームGPなのに、ニュースのネタはF1のゴタゴタに取られてしまいバトンにスポットが当たらず。。。
おまけにどうもブラウンのマシンはシルバーストンのコースに合ってない様で、さらにバトンは力みが入っているのかフリー走行ではバリチェロに先行される始末。
予選でもバリチェロが2位なのに対して、バトンは6位・・・今までの流れは全く感じられません。
下手したらこれが最後のF1タイトルとなるかもしれないホームGPで勝てないって事になるかも。。。ガンバれバトン!!!

おぉ、トヨタを忘れていた。ウン、悪くないんじゃないですか?
相変わらず早さで頭を取れない状況ですが、上位フィニッシュは十分可能な早さがありそう。
とりあえず表彰台を目指してもらいましょう。

それにしてもF1・・・分裂してしまうのでしょうか?
つまらないエゴでF1の歴史を崩壊させてしまうなんて、全くもってひどい話です。
まだこの話は終わってませんが、お互い「オトナ」になって欲しいものですね。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

ゲルハルト

やっぱり、ニューウェイですばい。
ところで、今回はフジNEXTはどうですか?こちらは映りませんでした。
by ゲルハルト (2009-06-23 22:19) 

しのぴん

ゲルハルトさん、コメントありがとうございます。

レッドブルのマシンは、当初から評判よかったですが、ダブルデッカーを得てとうとうトップマシンになっちゃいましたね。
ちなみにNEXT映りませんでした。
次見られる機会はいつになるでしょう・・・
by しのぴん (2009-06-23 22:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0